×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンタクトレンズの分類

性能、使用目的、効果等により次のように分類される。

■視力補正用レンズ
近視、遠視、乱視などを補正するための医療機器である(クラスIIIに該当)。
同じく視力補正のために用いられるもの眼鏡との最大の違いは、コンタクト
レンズは角膜の上に直接乗せ接触させる点である。材質によりハードコンタ
クトレンズとソフトコンタクトレンズに区別することができる。

日本における医療機器のクラス分類告示によれば、中分類名としての視力補
正用レンズには下記の治療用コンタクトレンズ等も含まれるが、一般的名称
(細分類)としての視力補正用レンズには、次のものがある。

* 再使用可能な視力補正用コンタクトレンズ
* 単回使用視力補正用コンタクトレンズ
* 単回使用視力補正用色付コンタクトレンズ

薄いブルーなどの色付きのレンズは、まぶしさを軽減させるためではなく、
取り扱い時の視認性を向上させるためのものである。

■治療用コンタクトレンズ
眼病の治療の目的で使用するものである。眼の保護、前房の封鎖、薬剤の送達、
角膜曲率の変更、または網膜の治療での使用を目的とする。医療機器(クラス
III(高度管理医療機器))である。

■検査用コンタクトレンズ
特定の眼科疾患又は状態の診断を支援するために用いる、眼の前面に装着する
コンタクトレンズである。再使用可能なものと再使用できないものとある。
また、隅角鏡のように目の前房隅角の検査に用いるものも広義では検査用の
コンタクトレンズである。薬事法上、クラスII(管理医療機器)にあたり、
次の種類がある。

* 眼科手術用レーザーレンズ - 眼科手術用レーザとともに使用する
レンズをいう。通常透明の物質で、眼球、眼窩又は周辺の皮膚の組織
を凝固又は切断するために用いるレーザ光の治療部位へ導光するため
に用いられるものである。

* 単回使用検査用コンタクトレンズ - 特定の眼科疾患又は状態の診断
を支援するために用いられるものである。

* 網膜電位計用角膜電極 - 網膜電位の測定時に電位信号を伝達するため、
角膜表面または角膜近傍の粘膜に接触して使用する電極である。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサードリンク

[PR] 日経225先物 FX システムトレード 足やせ セルライト CFD 比較 時系列データ 青汁 早漏 モテ・非モテ ロト6